総量規制とおまとめローン

TOPへ
複数の借入先を一本化出来るおまとめローンと派遣社員 アルバイトでも利用可能なおまとめローン選びはランキングをチェック 地方銀行におけるおまとめローンの実態 おまとめローンで多い疑問、即日融資の可否 おまとめローンで借り換えするときの借入件数 専業主婦でも審査を通過出来るおまとめローン 返済総額を減らすおまとめローンの審査と他社借入額 おまとめローンの落とし穴と低い金利について 初めておまとめローンを利用するときはキャンペーンを狙う 借りやすいおまとめローンと申し込み時の必要書類

総量規制とおまとめローン

総量規制という言葉、聞いたことありませんか? 特に借入の際などに、聞くことが多い言葉です。 総量規制とは・・個人が借金できる総額が、原則として年収の3分の1までに規制されることを言います。 こう聞くと、え?住宅ローンやカーローンはどうなるの?と思ってしまいそうですね。 こうした不動産取得のためのローンや、自動車ローンなどは、この総量規制の対象外となっているので、大丈夫なんです。 他にも、事業用資金の借り入れの際にも、総量規制の対象とはなりません。

でも、おまとめローンの場合はどうなのでしょうか。 複数のローンを一つにまとめる際に、まとまった金額の融資を受ける必要があります。 これが、年収の3分の1以上になってしまう場合、おまとめローンは利用できないものとなってしまうのでしょうか。
実は、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となっているのです。
銀行の安定・安心のカードローンでもおまとめローンでも、今多くの銀行が提供している金融商品となっています。 銀行系のおまとめローンを利用すれば、総量規制は気にする必要がないということになります。

しかし、銀行系と聞くと、気になるのが審査の厳しさについてです。 銀行系は金利が安く、有利に使えることも多いけれど、審査に通りづらいからちょっと・・と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 確かに、いくら総量規制の対象外だと言われても、審査でノーと言われてしまっては、元も子もありません。

こうした方に覚えておいてほしいのが、総量規制の「例外」に関する決まりです。 総量規制にも除外される借金や例外とされる借金があるのです。 こうしたことは意外と知られていないのですが、きちんと知っておくことで、自分の借金をより有利に返済していくことも可能なのです。 さて、この「例外」とおまとめローンとの関係性なのですが、 「例外」とされるローンの中のひとつが「顧客に一方的に有利となる借り換え」なのです。

ちょっと難しいのですが、「借りた人が一方的に有利になる状況」というのは、「借り換えすることで、借りた人だけにメリットがある」ということです。 借金返済における、借りた人のメリットとは・・ずばり「借金返済総額が減ること」や「毎月の返済金額が減る」ということです。 おまとめローンの利用の目的に、このメリットを挙げる方は多いことと思います。 というより、むしろ、このメリットがないのに、おまとめローンを積極的に利用しようとする方はいない!と言ってもいいのかもしれませんね。 この条件にあてはまるのなら、銀行系のおまとめローンでなくても、総量規制について気にする必要はない、ということです。



HOME >